三輪の神糸

細きこと糸のごとく、
白きこと雪のごとし。

「三輪の神糸」の由来は、手延素麺の発祥の地、大和・三輪に残る古い言い伝えから。

その神業ともいえる細さと、コシの強さは、マル勝たかだのこだわりの「本腰熟成製法」ならでは。

気候条件によって配合を吟味する中・強力粉、なめらかな喉ごしを生むエキストラバージンオイル、強い粘りにかかせない、平釜で炊き上げた赤穂の塩。

厳選された素材のみを用い、伝承の手延べの技術と、蔵熟成で丹念に仕上げる。

三輪の神糸は、本物のコシとおいしさを紡ぎ、日本の美しい食文化を紡いでいきます。

三輪の神糸

本腰熟成製法

二種類のオリジナル小麦粉をブレンドし、製造工程で何度も捻りをかけ伸ばした後、しっかり熟成させることで強いコシとのどごしの良さを実現した、マル勝高田のこだわりの製法「本腰熟成製法」

三輪の神糸 本腰熟成製法

商品ラインナップ

  • 三輪の神糸 200g

    200g

  • 三輪の神糸 400g

    400g

  • 三輪の神糸 800g

    800g